どうも、いらっしゃいませ。お楽しみ下さい。

名言・格言『ピーター・ドラッカーさんの気になる言葉+英語』一覧リスト

名言・格言『ピーター・ドラッカーさんの気になる言葉+英語』一覧リスト

「マネジメント」(management)の父」ピーター・ドラッカーさんの名言・格言を英語と日本語でまとめてみました。
ドラッカーさんの名言・格言には「マネジメント」「現代経営学」「イノーベション」「ビジネス」など社会における人間への考察とメッセージがあるかと思います。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーさん(Peter Ferdinand Drucker, ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 1909年11月19日 - 2005年11月11日))は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人。経営学者。


好奇心に、こちょこちょ。 | labo気になる言葉(名言・格言・ことわざ) | wordsof


ピーター・ドラッカーさんの名言・格言・英語 一覧リスト

ピーター・ドラッカーさんについて
ドラッカーさんの著作には大きく分けて「組織のマネジメント」を取り上げたものと、「社会や政治」などを取り上げたものの2種類がある。本人によれば彼のもっとも基本的な関心は『人を幸福にすること』にあった。そのためには「個人としての人間」と「社会(組織)の中の人間」のどちらかのアプローチをする必要がある。彼自身が選択したのは後者だった。

B

Business has only two functions – marketing and innovation.

ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである

C

Company cultures are like country cultures. Never try to change one. Try, instead, to work with what you've got.

企業文化とは国の文化のようなものである。
変えようとするのではなく、その中で自分のできることを考えよ

E

Efficiency is doing things right; effectiveness is doing the right things.

効率とは物事を正しく行うことであり、効果とは正しい事を行うことである

I

世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる | ピーター・ドラッカーさんの名言・格言・英語 一覧リスト

If general perception changes from seeing the glass as “half full” to seeing it as “half empty”, there are major innovative opportunities.

世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる


Innovating organizations spend neither time nor resources on defending yesterday. Systematic abandonment of yesterday alone can free the resources, and especially the scarcest resource of them all, capable people, for work on the new.

イノベーションを行う組織は、昨日を守るために時間と資源を使わない。
昨日を捨ててこそ、資源、とくに人材という貴重な資源を新しいもののために解放できるのだ

M

Management is about human beings. Its task is to make people capable of joint performance, to make their strengths effective and their weaknesses irrelevant.

マネジメントとは、人にかかわるものだ。その機能は人が共同して成果をあげることを可能とし、強みを発揮させ、弱みを無意味にすることである

Management is doing things right; leadership is doing the right things.

マネジメントとは物事を正しく行うことであり、リーダーシップとは正しい事を行うことである

Most of what we call management consists of making it difficult for people to get their work done.

マネジメントと呼ばれるものの大部分は、働く人たちにとって面倒なものである

My greatest strength as a consultant is to be ignorant and ask a few questions.

コンサルタントとしての私の最大の長所は、無知になりいくつかの質問をすることである

N

No one learns as much about a subject as one who is forced to teach it.

人に教えることほど、勉強になることはない

S

Start with what is right rather than what is acceptable.

出来ることから始めるのではなく、正しいことから始めるのだ

T

The aim of marketing is to know and understand the customer so well the product or service fits him and sells itself.

マーケティングの目的とは、顧客を理解し製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである

ページTOPへ


T

The best way to predict your future is to create it.

未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ

The foundation of innovative strategy is planned and strategic sloughing off of the old, the dying, the obsolete.

イノベーションの戦略の第一歩は、古いもの、死につつあるもの、陳腐化したものを計画的かつ体系的に捨てることだ

The most important thing in communication is to hear what isn’t being said.

コミュニケーションで最も大切なことは、相手の言わない本音の部分を聞くことである

The only thing we know about the future is that it is going to be different.

将来についてわかっている唯一のことは、今とは違うということだ

There is nothing so useless as doing efficiently that which should not be done at all.

元々しなくても良いものを効率よく行うことほど無駄なことはない

There is only one valid definition of business purpose: to create a customer.

ビジネスの目的の正しい定義はただひとつ。顧客を作り出すことである

Time is the scarcest resource, and unless it is managed, nothing else can be managed.

時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することはできない

Trying to predict the future is like trying to drive down a country road at night with no lights while looking out the back window.

未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、リアウィンドウ(自動車の後部窓ガラス)を見ながら、田舎道を運転するようなものだ

U

Unless commitment is made, there are only promises and hopes; but no plans.

コミットメント(責務)なしでは、単に約束と希望があるだけで、そこに計画はない

W

We now accept the fact that learning is a lifelong process of keeping abreast of change. And the most pressing task is to teach people how to learn.

学ぶという事は一生続く、変化に遅れないようについていくためのプロセスだという事実を、私たちは今では受け入れている。そして、最も緊急な課題は人々に学び方を教えることである

成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした | ピーター・ドラッカーさんの名言・格言・英語 一覧リスト

Whenever you see a successful business, someone once made a courageous decision.

成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした


ページTOPへ


その他

21世紀に重要視される唯一のスキルは、

新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく

21世紀の最大の不安定化要因は、

人口の構造変化である。ただし、先進国における最大の問題は高齢化ではない。少子化のほうである

3つの段階、

産業革命、生産性革命、マネジメント革命の根本にあったものが、知識における意味の変化だった。こうして我々は一般知識から専門知識へと移行してきた。かつての知識は一般知識だった。これに対し、今日知識とされているものは、必然的に高度の専門知識である

CEOは、

組織の中において権力を中心ではなく、責任を中心に考えるべきである

Eコマースの将来は、

決してすべてがバラ色というわけではない

eラーニングの成否は、

その組立て方いかんにかかっている

アクション(行動)による

フォローアップ(対査)なきプロジェクト(計画)はパフォーマンス(実績)を生まない

あらゆる意思決定と行動が、

それを行った瞬間から古くなりはじめる。したがって正常の状態に戻そうとすることは不毛である。『正常』とは昨日の現実にすぎない

いかなる成果もあげられない人の方が、よく働いている。

成果の上がらない人は、第一に、ひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。第二に、彼らは急ごうとする。第三に、彼らは同時にいくつかのことをしようとする

イノベーションと

アントルプルヌール(新しく事業を起こす人/企業家/アントレプリナー)シップは、マネジメントという規律の中枢である

イノベーションを行うためには、

機会を分析することから始めなければならない。分析すべき7つの機会とは、
(1)予期せぬこと
(2)ギャップ
(3)ニーズ
(4)構造の変化
(5)人口の変化
(6)認識の変化
(7)新知識の獲得

イノベーションを成功させるには、

焦点を絞り単純なものにしなければならない

イノベーションを伴って初めて成果をもたらす

科学的経営経済学などは存在しない。

業績を上げる方法は、実は誰でもが承知している

研究者に求めることが少なければ少ないほど、成果もあがる

と考えるのは、研究開発をめぐる大きな迷信にしかすぎない

ごくわずかの例外を除き、

原則と手順を理解していれば問題は実務的に解決できる

コストも『社会現象』の1つである。

企業経営の大きな成果は、少数の社員がもたらす

この世界では何らかの仕事ができる人間はむしろ稀である

これからの乱世で組織が生き残って成功するには、

自らを変革の促進者(エージェント)に変えていかねばならない

すべての文明、あるいは国の中で日本だけは、

目よりも、心で接することによって理解できる国である

たいていの経営者は、

その時間の大半を「きのう」の諸問題に費やしている

チャンスとは、

ひとつのことに一心に集中することによって、かろうじて見つけることができるものである

デシジョン・メーキング(意思決定)において、

2+2=4という具合に、ドンピシャ『正しい答え』が出てくるものはデンションとはいわない

どんな分野でも、

普通の人であれば並みの能力は身につけられる。卓越することはできないかもしれない。卓越するには、特別の才能が必要だからである。だが、成果を上げるには、成果を上げるための並みの能力で十分である

なにかが成し遂げられるときには、

かならずその使命のほかには何も考えられない偏執狂的な人間がいるものだ

ハイテクは明日の担い手であり、今日の担い手ではない

もし私が会社の社長だったら、

一番恐れることは、大会社とその経営者が自分では露ほども不法なことをしていると考えず、道徳観念がルーズで無神経に行動することである

やたらに危機感を煽ったり、

人を無理矢理、牛馬のように駆り立てるマネジメント方式ではだめだ

リーダーの主要な課題は、

いかにして各種のバランスを上手にとるかである

リーダーは尊敬されるが、

必ずしも好かれるとは限らない

何によって憶えられたいか、

その問いかけが人生を変える

何を売りたいかではなく顧客は何を買いたいか

過去から脱却せよ

我々が強い衝撃を持って最初に学んだことは | ピーター・ドラッカーさんの名言・格言・英語 一覧リスト

我々が強い衝撃を持って最初に学んだことは、

知識労働においては、資本は労働(すなわち人間)の代わりにはならないということである。経済学の用語に従えば、肉体労働については、資本と技術は生産要素である。しかし知識労働については、もはやそれらは生産手段であるにすぎない。資本と技術が仕事の生産性を高めるか損ねるかについては、知識労働者がそれらを使って何をいかにするかにかかっている。仕事の目的や、使う人の技量にかかっている


我々が行動可能なのは現在であり、また未来のみである

我々は、一つの重要な分野で強みを持つ人が、

その強みをもとに仕事を行えるよう、組織を作ることを学ばなければならない。仕事振りの向上は、人間の能力の飛躍的な増大ではなく、仕事の方法の改善によって図られなければならない。知識についても同じことが言える。優れた知識を大量に持つ人を大量に手に入れようとしても、そのために必要な費用が期待できる成果に比べて高すぎる

改善の目的は、

製品やサービスを改良し、2・3年後にはまったく新しい製品やサービスにしてしまうことである

階層をなす組織の危険は、

上司の言うことを部下がそのまま実行することだ

蛙の卵が池からなくならないのと同様に、

アイデアは決して枯渇することはない

革新とは、単なる方法ではなくて、新しい世界観を意味する

学ぶことのできない資質、

習得することができず、もともと持っていなければならない資質がある。他から得ることができず、どうしても自ら身につけていなければならない資質がある。才能ではなく真摯さである

学校は長くいればいるほど、自分で意志決定を行う機会が少なくなる

管理者は、

高潔な品性をもってこそ、指導力を発揮し、多くの人の模範となりうる

企業が与える幸せは働く幸せ、経済的な幸せ

企業はなによりも『アイデア』であり、

アイデアを生むことのできるのは個々の人間だけである。勇を鼓して自ら思考し、『既成観念』にあえてそむける人なくして、その企業の成長と繁栄は望めない

企業家の世界は物理的な世界ではない。むしろ、価値の世界である

企業経営のエッセンスは、

何かに『卓越』することと、『決断』することである

急成長会社では、

無能な者が要職にいる。会社の成長についていけなかった人々である

強みの上に築け

業績は、企業の内部には生じない

金融・財務面の要請は、

企業の成長速度の4倍速く走る。だからこそ、早めに手を打つことが必要だ

軍隊の指揮者は、

現場からのリポートに依存することなく、自分で現場へ出かけて行き、自分の目でみる

経営は秘訣や秘伝ではない

経営管理の96%は、

ルーティーン的な定例反復業務であることを、ゆめ忘れてはならない

経営者が第1になすべき、

また絶えず行うべき職責は、現存の資源を用いて最高の成果をあげることである

経営者と知識労働者にとっての唯一のツールは情報である

経営者に必要なのはキャラクターの高潔性だ

経営者の仕事は、

ほかの人々を管理することから始まるものではない

経営者の職務とは、

働くことそのものである。それも極めて困難で、大変な、リスクの多い仕事である

経営者は、

その企業の将来について、もっと時間と思索を割くべきである

経済活動、経済機関、経済合理性は、

それ自体が目的ではない。非経済的な目的、すなわち人間的な目的や社会的な目的のための手段である

経済的発展において最大の資源となるのは人間である。

経済を発展させるのは、人間であって、資本や原料ではない

計画とは未来に関する現在の決定である

激化する国際社会。

勝敗のカギは、経営者の企業家精神の確立とその発揮にある

決断の場面においては、トップは常に孤独である

決定のためには、

いろいろな案がなくてはならない。ただし、可・否の二案だけでは不足だ。決定しないという決定もあることを忘れない方がいい

効果的な経営をする者の共通点は、

ひたすらひとつの作業に集中する点にある。彼らは最も大切なことのみを行い。そのことが完了するまで、他の事に目を向けないという集中力を持っている

効率とは、

現在既に行われている事をより洗練させることである

効率的な企業は、

問題中心主義でなく、むしろ機会中心主義である

今日、売れている製品が明日も売れるという保証はない。

企業は、絶えず明日を担う製品をつくり出さねばならない

最も重要なことから始めよ

最も重要なのは、

タスクに目を配ることであって、自分自身についてではない

最初はダメでも何度でもやり直せという態度は誤りである

昨日を捨てよ。

自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て

市場に関する報告書など信頼してはいけない。

マーケットはトップ自身の目と足で確かめよ

君は何によって人に憧れたいかね? | ピーター・ドラッカーさんの名言・格言・英語 一覧リスト

私が13才のとき、

宗教の先生が生徒一人ひとりに、「君は何によって人に憧れたいかね?」と聞いた。
誰も答えられなかった。先生は笑いながらこう言った。
「いま答えられると思わない。でも50才になって答えられないと問題だよ。人生を無駄に過ごしたことになるからね。」


私の観察によれば、

成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。次に、時間を管理すべく自らの時間を奪おうとする非生産的な要素を退ける

私は、

成果を上げる人間のタイプなどというものは存在しないことをかなり前に気づいた。私が知っている成果を上げる人たちは、その気性や能力、仕事や仕事の方法、性格や知識や関心において千差万別だった。共通点は、なすべきことを成し遂げる能力を持っていたことだけだった

時間こそ真に普遍的な制約条件である。

あらゆる仕事が時間の中で行われ、時間を費やす。それなのに、ほとんどの人が、この代替できない必要不可欠な資源を重要ではないもののように扱う

自らが自らに求めるものが少なければ成長しない。

だが多くを求めるならば、何も成長しない者と同じ程度の努力で、巨人にまで成長する

自分はここで何を貢献できるかを考えよ

手っ取り早く、効果的に生産性を向上させる方法は、

何を行うべきかを明らかにすることである。そして、行う必要のない仕事をやめることである

上司を過大評価することはあってもいいが、決して過小評価するな

寝床につくときに、

翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である

新しい組織社会では、

知識を有するあらゆる者が、4・5年おきに新しい知識を仕入れなければならない。さもなければ時代遅れとなる。このことは、知識に対して最大の影響を与える変化が、その知識の領域で起こるようになっていることからも、重大な意味を持つ。新しい知識を生み、古い知識を陳腐化させるものは、科学や技術とは限らない。社会的なイノベーションのほうが大きな役割を果たすことが多い

新しく生まれつつある知識労働者は、

旧来の企業が主人で従業員は召使であるという考え方を今や塗り変えつつある

真にグローバル化をなし得たものは、ただ一つ、「情報」のみである

神々はすべてを見通しているから、

どんなに難しくても、自分の仕事は完璧を期せよ

人々を動機付ける能力がなくては、経営者とは言えない

人が抜きん出ることのできるものは一つか、

せいぜい二つか三つの分野である。よく出来るはずのことを見つけ、実際にそれを行わせなければならない

人間というものは、

非常に時間を消費するものであり、そして大部分の人間は時間の浪費家でもある

人間は、

理想の社会ではなく、現実の社会と政治を自らの社会的政治的行動の基盤としなければならない

人間は単脳マシーンではない

人材は、企業規模とは無関係である

数百年後、

歴史家が長い視点から今日の時代をとらえた場合、最も重要な出来事はテクノロジーでもインターネットでも電子商取引でもないだろう。人間がおかれた状況の史上例を見ない変動こそ、最大の出来事である。今日多くの人々が選択する自由を手にしており、その人数は急激に増えつつある。これは歴史上まったくなかったことだ。それは同じく史上初めて人々が自分自身をマネジメントしなければならないことでもある。しかし、社会の側ではこの事態に対応する準備が全然できていない

世の一般的な勧めなどは無視して、

己の仕事を絞る。それがトップの『主要活動領域』である

世界はグローバル化と同時に、

反面、次第に反対の方向、すなわち、トライバル化(部族重視)やローカル化(地域重視)の度合いも深めてきています

成果をあげるための秘訣をひとつだけ挙げるならば、

それは集中である。成果をあげる人は、最も重要なことから始め、一度にひとつのことしかしない

成果をあげる人たちは気性や能力、

職種や仕事のやり方、性格や知識や関心において千差万別である。共通点は、なすべきことを成し遂げる能力をもっていることだけである

成果をあげ続け成長と自己変革を続けるには、

自らの啓発に自らが責任を持つことだ

成果を上げる人の共通しているのは、

自らの能力や存在を成果に結びつける上で、必要とされている習慣的な力である。企業や政府機関で働いていようと、病院の理事長や大学の学長であろうと、まったく同じである。私の知る限り、知能や勤勉さ、想像力や知識がいかに優れようと、そのような習慣的な力に欠ける人は成果を上げることができなかった。成果を上げることは一つの習慣である。習慣的な能力の蓄積である。習慣的な能力は、常に習得に努めることが必要である。習慣になるまで、いやになるほど反復しかければならない

生産性とは機械や道具や手法の問題ではなく、

姿勢の問題である。換言するならば、生産性を決定するものは、働く人たちの動機である

生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である

昔の人は言った。

「夕食の客には教育ある人が良い。しかし砂漠では、教育のある人よりも何かのやり方を知っている人が必要だ。教育ある人間はいらない。」事実すでにアメリカの大学では、伝統的な教養人は、教育ある人間とさえ見なされなくなっている。そのような者は、趣味人として一段下に見られている

専門性の進化と、

異分野との接触のバランスを実現しなければならない

選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、

正確には、何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである

組織に働く者は、

成果に何も寄与しないが無視できない仕事に時間をとられる。膨大な時間が、ほとんど役に立たない仕事、あるいはまったく役に立たない仕事に費やされている

組織の活動や業績に実質的な貢献をなすべき知識労働者は、

すべてエグゼクティブである。組織の活動や業績とは、企業の場合新製品を出すことであり、市場で大きなシェアを獲得することである。病院の場合は、患者に優れた医療サービスを提供することである。組織のそのような能力に実質的な影響を及ぼすために、知識労働者は意思決定をしなければならない。命令に従って行動すればよいというわけにはいかない。自らの貢献について責任を負わなければならない

組織は新しいものの創造に専念しなければならない。

具体的には、あらゆる組織が三つの体系的な活動に取り組む必要がある。第一に、行うことすべてについて耐えざる改善を行う必要がある。第二に知識の開発、すなわちすでに成功しているものについて、さらに新しい応用法を開発する必要がある。第三にイノベーションの方法を学ぶ必要がある。イノベーションは体系的なプロセスとして組織化することができるし、まさにそのように組織化しなければならない

創造性開発を叫ぶだけでは、誠に空しい

他人の短所が目につきすぎる人は、

経営者には向いていない。長所を効果的に発揮させるのが自分の仕事だと考える人が、有能な経営者になれる

多くの人にとって、

マネジメントと言えば企業経営を意味する。だがそれは、単にマネジメントが最初に現れたのが大企業だったからにすぎない。50年ほど前、マネジメントの研究に取り組んだとき、私も企業のマネジメントに焦点を当てていた。しかしやがて、企業であれ企業以外であれ、あらゆる近代組織において、マネジメントの研究に取り組んだとき、マネジメントの必要性が明らかになっていった

多角化する際には『気質(テンペラント)』も勘定に入れておけ

誰でも自らの強みについてはよく分かっている。

だが、たいていは間違っている。わかっているのはせいぜい弱みである。それさえ間違っていることが多い

知識がたんなるいくつかの資源のうちの一つではなく、

資源の中核になったという事実によって、我々の社会はポスト資本主義社会となる。この事実は社会の構造を根本から変える。新しい社会の力学を生み出し、新しい経済の力学を生む。そして新しい政治を生む

知識は、本の中にはない

知識は消え去りやすい

知識労働とサービス労働は、

何を行うかどのような技能によって行うかによって生産性が左右される

知識労働者がすべて

同質のものだなどと考えたら、大間違いである

知識労働者が貢献に焦点をあわせることは必須である。

それなくして、彼らが貢献する術はない。知識労働者が生産するのは、物ではなくアイデアや情報やコンセプトである。知識労働者は、ほとんどが専門家である。事実彼らは、通常、ひとつのことだけを非常に良く行えるとき、すなわち専門化したときのみ大きな成果を上げる。それだけでは不毛である。専門家の産出物は、他の専門家の産出物と統合されて初めて成果となる

知識労働者はボランティアとして取り扱わねばならない

知識労働者を直接、

あるいは細かく監督することはできない。彼らには助力を与えることができるだけである。知識労働者は自らをマネジメントしなければならない。自らの仕事を業績や貢献に結び付けるべく、すなわち成果を上げるべく、自らをマネジメントしなければならない

知識労働者自身に上下はない

中小企業が

『巨人』に鵜呑みにされて消滅されるなんていうのは全くのナンセンスである

中小企業の最高経営責任者は、

他の誰にも任せることのできない次の二つの課題に取り組時間を必ず持てるように、自分の職務を構成しなければならない。その一つは、『外部』向けの時間、すなわち、顧客、市場、技術のための時間であり、もう一つは、『内部(社内)』の基幹要員とじっくり会うための時間である。間違っても机に縛りつけられるようなことがあってはならない

直属以外にも上司はいる。

そして、上司とて、斬られりゃ痛い生身の人間ということを忘れないこと

定年の必要は実際のところ、

年老いたということではない。おもな理由は、若者たちに道をあけなければならないということにある

伝統的な労働力体制の下にあっては、

働く人々がシステムに仕えたが、知識労働力体制の下では、システムこそが働く人々に仕えなければならない

土地、労働、資本は制約条件でしかない。

それらのものがなければ、知識といえども、何も生み出せない。だが今日では、効果的なマネジメント、すなわち知識の知識に対する適用が行われさえすれば、他の資源はいつでも手に入れられるようになっている

道楽息子に家業を継がせるな

日本人の強みは、

組織の構成員として、一種の『家族意識』を有することにある

反対論がない場合には結論を出してはならない。

勇気と勉強に不足があれば反対論は出ない

必要は発明の母ではないが、助産婦である

表の風に吹かれろ

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。

自らの強みに集中すべきである

物事は、

人が思ったり、言ったりすることの2倍かかる

本物の変化とは人が行うことであり、

一時の変化(流行)とは人が言うことだ

万能選手はなかなかいない

未来に何かを起こすには、

勇気を必要とする。努力を必要とする。信念を必要とする

未来を語る前に、

今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである

未来を予測しようとすると、罠にはまる

無能を並みの水準にするには、

一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする

明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は、

(1)自分で自分の面倒がみられること
(2)部下のマネジメントではなく、上司のマネジメントをすること
(3)経営の基本を広く着実に身につけること

問題の明確化としっかりした定義づけができ、

それによって観察可能なすべての事実を網羅しうるまでは、そうした問題の定義づけは不完全であったり、間違ったものになる

問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ

有能さは修得できる

有能な経営者は、

ほかの人々の仕事を管理するのは、一見真実だが、これはまったくの俗説なのである

予期せざる成功・失敗にこそ革新への源

利益が出るのは正常の状態ではない

傲ってはいけない。

企業は、社会に存在させていただいているものなのです

参考「ウィキペディア」


ページTOPへ


最後までご覧いただき、ありがとうございます!

このページが「面白い・役に立つ・参考になる」など 誰かに教えたいと思いましたらソーシャルメディアで共有お願いします!


【パンくず】iso.labo home | イソラボ ホームlabo | 好奇心に、こちょこちょ。名言・格言『ピーター・ドラッカーさんの気になる言葉+英語』一覧リスト